冗談ではない

画像

旧キット いわゆる300円のシャアズゴックを作りました
画像

1/144SCALE ジオン軍水陸両用モビルスーツ シャア専用ズゴック
画像

■肩、ひじ、手首が自由に可動する。
画像

■足の付け根、ひざ、足首が動く。
画像

■ツメが二種類ついている。
画像

■リアルな後姿とたくましい大型のツメ。
画像

箱絵風ポーズ

■この完成品は塗装してあります。


ズゴックはともかく当時一番物凄く好きだったMSで、この\300シャアズゴは、シャアザク、リックドムの次に3番目に手に入れることが出来たキットで思い入れもとても多いものです
今見てもすごくカッコいい

キットはガンプラ中でも初期の初期の発売なのに、見事にズゴックの特徴を捉えた傑作だとおもいます
可動も股開いたり肩開いたり優秀なんだよね

初期のキットなので、例の肩の付け根設計ですが、せっかくなんであえて全部素組でいきます
旧キットはこの楽しみ方するのが私の正義
つーか今組んでもこの肩しっかり接着しつつ可動殺さないようにするの厳しいぞw
そりゃあ小学生には阿鼻叫喚w
画像

でも現代に通ずる同時に全部下処理&塗装してから組み込める新設設計でもあるんだよね
こういう積み重ねがあって今のガンプラが出来てると思うと感慨深い
今だともうここ以外は全部組んじゃってからのマスキング地獄になるし
画像

HG、旧キット、RGと歴史を並べて楽しめるのがまたガンプラの良いところ

好みのプロポーション、完成までのお手軽さ、価格等含めて三者三様それぞれが良いところも悪いところあってどれが一番とは言えないよな
この辺は永遠に理想を求める課題だがそこがまた楽しい

アニメロボなんかのいわゆるキャラクターキットは、所詮それぞれのイメージの産物で正解なんて存在しないんで、「それ」を求めて永遠に突き進むそれはそれのディープな世界

うむ!!!!ガンプラは楽しいなぁ
まt30年経ったら、プルプルした腕でこの300円シャアズゴックを組みなおしてみたいな!
その頃のガンプラはどこまで進化してるのかなぁ…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック